中国EC百科

EC新法について

2019-04-10 14:08:47

EC新法 電商法とは?

 

 電商法とは中国政府が20191月に中国向けの越境ECなどのインターネットビジネスの健全化を図るために施行した「中華人民共和国電子商務法」のことです。これまで中国国外の個人バイヤーが行っていた非正規ルートの越境ECや並行輸入が厳しく規制されるようになりました。

2th.jpg

なぜこのような法律が生まれたのか?

 

 個人バイヤーによる並行輸入が年々拡大する中、関税を適正に支払っていないバイヤーが多数存在することや、意図的にブランド品の模倣品や偽装品を販売するバイヤーもいたと言われています。

 

 また、非正規ルートでビジネスを行うバイヤーが増えたことにより、正規の手続きを踏んで越境ECを行っている企業が不利益を被るなど様々な問題が発生していました。今後より一層国境を越えた商取引の拡大が確実視される中で、中国政府は貿易の適正化を図る必要があると判断したのでしょう。  

   

あth.jpg

具体的になにが規制されるのか?

 現在正規の手続きを踏んで越境ECを行っている企業への影響の心配はなく、非正規ルートでのビジネスを行っていたバイヤーが淘汰されていくことになります。

 

 これまでECとして取り扱われなかった「We Chatのタイムラインを通した商品の販売」や「SNSのライブ配信を用いた商品の販売」についても越境ECとしてみなされるようになりました。

download.jpg

 電商法の施行後はこういった行為を行う個人や組織に対し、役所での登記や行政の許可を受けることが義務付けられ、販売に伴う納税の義務も生じます。

 

 

 驚くことに、親戚や友人といった身近な人に対し、ごく小規模の海外製品を渡す場合も、金銭の授受が発生するとこの法律の定める納税義務の対象者になるのです。

 

 電商法の施行は20191月からだというのに昨年の国慶節の休暇中、中国の空港では、大きなスーツケースを持つ旅客に対し荷物を開けさせて検査し個人バイヤーに罰金が科せられる事例が多数見られたことから、電商法に対する中国政府の本気度がうかがえます。

1th.jpg

これからの越境ECの動向

 法規制によりきちんとしたプラットフォームを使って越境ECを行わなくてはならなくなりました。ですから、これからは公平なビジネス環境で事業を行うことができるのです。今は知名度が低い商品でも、品質が良ければ国内外で顧客を増やしやすくなると言えます。

 

 

 

 弊社では約30,000種類化粧品、日用品、健康食品をはじめとするドラッグストア用品の国内外への販売事業を行っております。バイヤー様に自信を持って買い付けて頂ける商品をご提案させて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

http://m.c2j.co.jp/home/service_jp/drugstore-cause←スマートフォンからのドラッグストア用品に関するお問い合わせ

 

パソコンの方は本記事下のお問合せフォームからお願いします。

 

モバイルの方はこちらからお願いします。

 

株式会社C2Jジャパン

〒106-0047 東京都港区南麻布4-12-25 南麻布セントレ2F

 03-3446-7455

service@rimaotong.com

 

お問い合わせ




〒106-0047 東京都港区南麻布4-12-25 南麻布セントレ2F
03-3446-7455
03-3446-7455