中国EC百科

淘宝(タオバオ)出店日本企業をご紹介

2019-05-16 16:38:53

・淘宝(タオバオ)とは?

 

中国国内におけるEC市場の取引総額約80%以上のシェアを占めている人気サイト。

中国IT最大手の阿里巴巴集団(アリババグループ)が2003年に設立した

CtoC型を軸とした会員数5億人以上のショッピングモールです。

 

今回はそんな最大級のEC市場に出店している日本企業を紹介したいと思います。

 

Hamee

Baidu IME_2019-5-16_16-21-6.jpg

1997年神奈川県小田原にに創業された企業です。プラットフォーム事業、コマース事業、グローバル事業と幅広く事業を展開しています。

 

201620172018年には経済産業省・東京証券取引所の選ぶ「攻めのIT経営銘柄」に選定、また、フォーブス アジアの選ぶ Forbes Asias 200 Best Under A Billion 2018」にも選出されており、成長し続けている企業です。

 

連結子会社としてHamee Shanghai Trade Co.,Ltdを設立し”Hameeストラップヤをタオバオに出店しました。 また、2018 11 5 ()より中国BtoC EC 最大手EC モール「天猫(TMALL)」に「hamee 旗艦店」を正式オープンしました。

 

特徴として、タオバオの店舗では携帯ストラップを軸に価格帯の安い様々な種類のアクセサリー・小物を豊富に揃えています。

 Baidu IME_2019-5-16_16-23-35.jpg

 

天猫の店舗では逆に比較的高価格帯のスマホケースが主なラインナップとなっています。

 Baidu IME_2019-5-16_16-25-31.jpg

この二つの店舗スタイルは、タオバオでは自分が欲しいものを少しでも安く購入したいという消費者の特徴と、天猫では信用の高い企業ブランドを利用して高品質な商品を安心して購入できる特徴をうまく捉えたマーケティングと言えます。

 

また、タオバオと天猫の両方で店舗展開することにより、中国内におけるブランド認知度向上と販売力強化が期待されます。

 

 

・田島工具

Baidu IME_2019-5-16_16-27-33.jpg

創業110年を誇るTJMデザインの子会社上海田島工具有限公司が構える工具ツール専門店です。

 

上海を始めとする中国国内に7箇所の営業所と2箇所の自社工場を持つ企業ということもあり中国内での認知度もかなり高いようです。

 

田島工具も先述したHamee同様天猫にも出店しています。こちらの場合は同一商品も販売しており、その価格設定は若干天猫の方が高くなっています。

 

 

1,淘宝网の価格

2,天猫の価格

Baidu IME_2019-5-16_15-31-17.jpg

 

この価格設定は天猫出店のブランドの金額と捉えることができそうですが、実際には天猫の年間利用費や売上手数料が上乗せされた形と言えるでしょう。

 Baidu IME_2019-5-9_17-2-31.jpg

 

今回は2社を実例として挙げました。タオバオは中国国内のCtoCECサイトというイメージが強くありますが、実際に出店している日本企業も少なくありません。

 

天猫に比べ店舗のブランド力においては劣る部分はありますが、膨大な利用者数や進出リスクの低さを考えれば十分に期待できる市場だということは間違いないでしょう。

 

また、ブランド力で劣る部分は興味を引く店舗の作り方や、いかに中国人消費者の心を掴む商品アピールできるかが鍵となります。

 

弊社では淘宝出店代行サービスやその他サポートを行っております。ご質問や詳しい説明をご希望の方はお気軽にお問い合わせ下さい!

 

 

パソコンの方は本記事下のお問合せフォームからお願いします。

 

モバイルの方はこちらからお願いします。

 

株式会社C2Jジャパン

106-0047 東京都港区南麻布4-12-25 南麻布セントレ2F

 03-3446-7455

service@rimaotong.com

 

お問い合わせ




〒106-0047 東京都港区南麻布4-12-25 南麻布セントレ2F
03-3446-7455
03-3446-7455