ホーム > 越境EC

2020年独身の日

2020-11-16 14:43:29

  中国の最大手EC企業アリババ(ALIBABA)が開催した「独身の日(光棍節、シングルデー)」セールが11日、最終取引額4982億元(約7兆9000億円)で終了した。2019年に記録した2684億元(約4兆2000億円)の2倍以上を上回った。例年のセール期間は11日のみだったが、今年は11月1〜3日の3日間の先行セールと合わせて開催された。新記録の達成は、中国による新型コロナウイルスの感染封じ込め成功のアピールにもつながりそうだ。

 今回で12回目を迎える「独身の日」セールは、毎年11月11日にネット通販各社が大規模な値引き販売を行う一大イベントだ。アリババは、20年の配送件数が11日23時の時点で22億件に達したと公開した。終了まで1時間を残した中で10年に中国全体で取引された件数の総数のほぼ同じ数を記録しており、同社による「独身の日」セールの勢いは年々増している。

 新型コロナウイルス感染症は多くの国で増加し続けているが、中国では数カ月間、地域感染はほとんど発生してこなかった。そのため、今回のパンデミックは2020年の独身の日の配送スピードに影響をほとんど与えていないだ。

それでも、両社は安全性とスピードを確保するための新しいルールを採用している。例えばJD.comは、配送ステーションやトラックを消毒し、労働者がマスクを着用し、毎日体温を測定する必要があると表明している。これは現在、中国内の物流業界では標準となっている慣行である。プレセールを行うことによって、事前に購入者の近くの在庫を割り当てることも可能となった。また自身の物流システムで出荷された注文のうち、93%が24時間以内に完了したと述べている。

 中でも今年のセール期間中に話題を大きく集めたのはライブストリームによる商品販売だ。ライブストリームを行ったインフルエンサーによる流通取引総額(Gross Merchandise Value以下、GMV)のトップ5は、ウェイヤー(薇婭、Viya)、オースティン・リー(李佳琦、Austin Li Jiaqi)、シェイリ(雪梨、Cherie)、キキ(陳潔、Kiki)、オウ・カン(Wang Han)ら。

 企業によるライブストリーム販売のトップ10は、ファーウェイ(HUAWEI)、シャオミ(XIAOMI)、ハイアール(HAIER)、スニンディエンチー(蘇寧電器、SUNING)など家電製品を扱うブランドが大半を占めた。カテゴリー別ではビューティは2番目にパフォーマンスの高い分野となった。エスティ ローダー カンパニーズ(ESTEE LAUDER COMPANIES)は4位に、ランコム(LANCOME)は5位、ロレアル(L'OREAL)は9位にランクインした。
 
 アリババ傘下のECサイト、タオバオ(淘宝、Taobao)のユ・フェン(Yu Feng)=ECコンテンツ・ジェネラルマネジャーは、「これはほんの始まりに過ぎない」と述べ、今後ライブストリーミングはアリババのマーケットプレイスでの総取引の3分の1を占めると予測する。「ライブストリーミングは、GMVで1兆人民元(約15兆円)か、それ以上の規模に達する可能性を持っている。総GMVの割合を2、3年以内に30%とする。それが私の目指している目標だ」と述べた。

 中国政府の独占禁止法案の発表による販売規制へのリスクや、主要なECサイトの請負業者である宅配会社のストライキもあったが、宅配ボックスを活用した配送システムの導入などを行なったという。

 アリババに次ぐ大手ECサイトのJDドットコム(京東商城、JD.com)は11月1〜11日に「独身の日」セールを開催し、取引額は2715億元(約4兆3000億円)に上った。セールの最初の9日間でウェルネスアイテムが好調な滑り出しを見せた。売上はそれぞれ前年比でヨガアパレルが307%増、ピラティス用品が268%増、ゴルフ用品が77%増、テニス用品が50%増、ダンベルが34%増だった。

 

 

・上記のアリババの金額には、今月初めに開催した3日間のセールの売り上げも含まれる。昨年の同期間の売り上げと比べて26%増加したという。

・市場調査会社フォレスターのアナリストは「中国経済は力強く回復しており、消費者の購買行動はパンデミック(世界的な流行)以前を上回るほどではないにせよ、すでにその水準には戻っている」と分析した。

・先月の発表によれば、中国経済は2四半期連続での伸びを記録。パンデミックからの回復の早さを印象付けていた。数カ月にわたる店舗の閉鎖や消費者の巣ごもりで被った損失を取り返すべく、今回の「独身の日」のセールには多くの企業が並々ならぬ期待をかけていたとみられている。

・市場調査会社オリバー・ワイマンの調べによると、中国の消費者の86%が今年の「独身の日」に去年と同等かそれ以上の支出をするつもりだったという。

・一方残りの14%は、パンデミックで将来の不透明性が増したことを理由に去年よりも支出を減らすと回答した。

 

********************************************************

株式会社C2Jジャパンが、お客様の販路拡大のため、天猫国際(Tmall Global)や、京東全球購 (JD Worldwide)の出品・運用を代行します。現地のEC事情を最も理解している、サイト運営スタッフが、越境ECモールを運用代行することで、更なる費用対効果の向上が見込まれます。
中国本社杭州J&Cのメンバーは、代表取締役社長の呉を始めとして、社員のほぼ半数がアリババグループ出身の専門家集団です。
中国越境ECの出品・出店実績豊富な株式会社C2Jジャパンに、ぜひお問い合わせください。 

********************************************************

パソコンの方は本記事下のお問合せフォームからお願いします。

モバイルの方はこちらからお願いします。

株式会社C2Jジャパン

〒106-0047 東京都港区南麻布4-12-25 南麻布セントレ2F

Tel:03-3446-7455

E-mail:service@rimaotong.com


お問い合わせ




〒106-0047 東京都港区南麻布4-12-25 南麻布セントレ2F
03-3446-7455
03-3446-7455