ニュース | 株式会社C2Jジャパン——日中間最大級ECサイト「C2J.jp」「Cmall」の運営会社
ホーム > ニュース >  > 内容

日本アマゾンショップ誘致チームと提携、「C2J.jp」が義烏で対日ECセミナーを開催

2017-07

2017年7月13日に、中国義烏秋実路117番の商城創業園で、「C2J.jp」が日本アマゾンショップ誘致チームと、「日本EC販路解説会」をテーマとした全国巡回セミナーを共同開催いたしました。セミナー参加者はほとんど対日経験豊富な義烏本土サプライヤー企業でした。セミナーは4時間続けましたが、雰囲気が良く、参加者からご好評をいただいております。

今回のセミナーは「C2J.jp」が、日本BtoC業界の開拓に興味を持つ中国のサプライヤーに向けて開催する、中国全国巡回セミナーの第一回です。日本のEC市場の発展は中国より遅いと言われていますが、EC販路を通じて日本市場を開拓するのが、もっとコスパが高い手段です。中国義烏は中国有数の「小商品の海」として、日本市場に向けて天然の資源メリットを持っていると言っても過言ではありません。

日本アマゾンは日本ネット通販売上高NO.1のBtoCサイトとして、日本消費者に最も人気があります。アマゾンのグローバル開店計画に参加することによって、中国企業は日本で会社を設立しなくても出店と販売することができます。「C2J.jp」とアマゾンショップ誘致チームとの提携の目的は、日本市場に専念するサプライヤー企業により効率のいいソリューションを提供することです。

セミナー当日、参加者60名の9割は対日経験豊富な中国企業でした。日本アマゾンショップ誘致チームの管理職は具体例を交え、わかりやすく説明してくださいました。セミナーは4時間も続けましたが、途中で退場した人はほとんどなく、まるで奇跡のようです。

また、参加者に上海や、寧波より参加される方もいらっしゃいます。皆さまの日本市場開拓への関心の高さが伺われます。