PinDuoDuo(拼多多)
出店資料

お問い合わせ
拼多多(ピンドウドウ)とは
拼多多は2015年にリリースされたECプラットフォームで、2019年に越境EC機能リリースされたばかりです。その為、公式旗艦店の出店はまだ少ない状態です。拼多多は友人や知人等の複数人で商品を大量購入することで商品単価を安く抑えることで有名なプラットフォームです。
拼多多(ピンドウドウ)プラットフォーム概要
拼多多は2015年にリリースされたECプラットフォームであり、2018年7月にアメリカナスダック市場にて上場を果たし、2018年12月に年アクティブユーザー数が3.86億人まで増加し、JD.COMの3.05億人を抜き中国ECプラットフォームの二番手に躍り出た。また、2019年10月には時価総額464億ドルを記録し、時価総額でもJD.COMを上回る形となり、アリババ社に次ぐ位置を確固たるものとなった。
※GMV:流通取引総額(取引数×平均注文単価)
※MSCI指数:世界的な指数算出、金融リサーチ会社であるモルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル社が 算出・公表している指数
拼多多(ピンドウドウ)について
拼多多(ピンドウドウ)出店必要書類一覧
一次審査を申請時全企業共通の必要提出資料
その他
• すべての提出書類は中国語もしくは英語版に翻訳する必要があります。
• 商標登録会社(ブランド)と出店会社(運営会社)が同一会社でない場合は別途両社の関係性を示す資料が必要があります。
各越境ECプラットフォームの比較
※上記項目はいずれも2019年4月時点の情報となります。プラットフォームごとに規定変更等がございますので、予めご了承ください。
拼多多(ピンドウドウ)ユーザー概要
中国三大ECプラットフォームの一つ「拼多多(Pinduoduo)」が22日、2020年第1四半期(2020年1~3月)決算を発表した。売上高は前年同期比44%増の65億4100万元(約990億円)で、ブルームバーグが 予想した49億6900万元(約750億円)を上回った。普通株主に帰属する純損失はNon-GAAP指標で31億7000万元(約480億円)で、こちらもブルームバーグ予想の26億7000万元(約400億円)を18.73%も上回った。 拼多多の年間アクティブバイヤーは6億2800万人で、前四半期から4290万人の純増となった。「6億人が利 用する拼多多」の目標にさらに近づき、7億2600万人 のアクティブバイヤーを擁するアリババに1億差で迫 る。 今四半期は市場予想を大幅に上回る損失を計上したものの、株価の動きからみると投資家心理にはほとんど 影響していないようだ。決算発表当日、拼多多の終値 は14.5%増の68.7ドル(約7400円)で、時価総額は822 億7700万ドル(約8兆8600億円)に達した。同じく中国三大ECの一つに数えられる京東集団(JD.com)を90億ドル(約9700億円)近く上回っている。
36KR JAPAN(日本経済新聞と情報連携)
2020年5月25日より抜粋